2017年8月30日水曜日

成分表

クリザール 小ギク

小ギクの開花を促進します:栄養成分により、つぼみ切り小ギクの開花を促進できるため、出荷を便利に調整しロスを軽減できます。
小ギクの品質向上:輪が大きく色鮮やかに咲きます。また、下葉の黄化を防ぐ成分を配合しており、一層品質向上します。

クリザール カスミSC

悪臭成分の発散量が多い処理後7日間(実際に生花店や消費者が使用する期間)の臭いを抑制します。
エチレンによる切り花の老化を抑制し、一番花、二番花の花黒の発生を抑えます。また花を白く大きく咲かせボリューム感を増し、つぼみの開花を促進します。20倍希釈で10時間処理が標準です。

スーパーカーネーション

改植時、捨ててしまう蕾の花を出荷適期に成長させ、その後の日持ちも保ちます。固いつぼみから処理が可能です。一剤で出荷適期になるまで処理が可能。STSと栄養成分のバランス吸収により、品質・日持ちに働きかけます。20倍希釈が標準です。

スーパーカーネーション つぼみの開花調整に使える便利な前処理剤

クリザールブースター

1.固いつぼみから処理可能:バランスの良い栄養成分配合により、固いつぼみから開花調整に使える便利な前処理剤です。

2.一剤で連続処理が可能:抗菌効果により、冷蔵庫保管期間から室温での開花調整期間にわたり、これ一剤で広く使えます。

3.日持ちと品質:固いつぼみから開花調整しても、STSと栄養成分のバランス吸収の効果により、花の品質、日持ちに働きかけます。

K20C カーネーション、デルフィニウム、千鳥草、スイートピー、その他

クリザールブースター

成分STSがエチレンの作用を阻害するため、カーネーション、デルフィニウム等のエチレン感受性切り花の老化を抑制し、日持ちを長くします。
・花弁の萎凋、落花を抑制し、切り花の日持ちを長くします。
・内生、外生エチレンの影響防止に有効です。
・1000倍希釈の高濃度製剤で、確実に低コストで処理できます。

水促進、栄養補給→花持ち、観賞価値の向上 界面活性剤の効果 10H処理は成分で約100ppm、STS0.2mMと併用 1H処理区は成分で約1000ppm、STS1mMと併用 界面活性剤E:エマルゲン109P、A:家庭用洗剤(主成分ポリオキシエチレンアルキル エーテル)、B:家庭用洗剤(主成分アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム) 9月5日収穫のダークピンクバーバラ、切り花長55cm 観賞条件は20℃

農業研究成果情報 No.673(平成 27 年 5 月)分類コード02-05 熊本県農林水産部 トルコギキョウ切り花の日持ちに及ぼす前処理剤と輸送時の水揚げ剤の影響 トルコギキョウ切り花は、高温期はSTSと糖類が主成分の処理剤、低温期はSTSが 主成分の処理剤を用いた前処理で日持ちは向上する。湿式輸送の場合は、前処理をSTS が主成分の処理剤で行い輸送時の水揚げに栄養補給剤を用いると日持ち向上効果が高い。 農業研究センター農産園芸研究所花き研究室(担当者:工藤陽史) 切り花では日持ちの良さが求められる。トルコギキョウは、収穫後の切り花にエチレン生成 阻害剤(チオ硫酸銀:以下 STS)を用いた前処理で日持ちが向上し、糖を吸収させることで 生け花後の開花が良いことが明らかにされている。そこで、前処理および輸送時の水揚げが日 持ちに及ぼす影響を明らかにする。 1.前処理剤は、高温期の収穫では STS と糖類が主成分のクリザールユーストマ、低温期の収穫では STS が主成分のクリザール K-20C で相対新鮮重の低下と萎凋小花の発生が抑えられる(表1、 図1)。 2.前処理にクリザール K-20C、輸送時に栄養補給剤のクリザールプロフェッショナル 2 を用いると葉の萎 れ(水下がり)と萎凋小花の発生に伴う相対新鮮重の低下が遅い(表2、図2、図3)。 1.日持ち試験(生け花)は、25℃設定、日長 1,000Lux×12 時間照明の恒温室内で、生け 水に水道水を用い毎日交換した。 2.試験で利用した前処理剤 クリザール K-20C:主成分がチオ硫酸銀の生産者用切り花鮮度保持剤 クリザールユーストマ:主成分がチオ硫酸銀、糖類、抗菌剤の生産者用切り花鮮度保持剤 クリザールバケット:生産者用の栄養剤を含まない湿式輸送時生け花用 クリザールプロフェッショナル 2:一般業務・輸送用(遅咲き用)の水揚げ促進・栄養補給剤 研究のねらい 研 究 の 成 果 普及上の留意点 【具体的データ】 No.673(平成 27 年 5 月)分類コード02-05 熊本県農林水産部

農業の新しい技術 トルコギキョウ切り花の日持ちを向上させる 収穫後の管理体系 農業研究センター 農産園芸研究所花き研究室 担当者:工藤陽史 切り花では日持ちの良さが求められる。トルコギキョウは、収穫後の切り花にエチレン 生成阻害剤(チオ硫酸銀:以下 STS)を用いた前処理で日持ちが向上し、糖を吸収させる ことで生け花後の開花が良いことが明らかにされている。そこで、収穫後の切り花管理が 日持ちに及ぼす影響を明らかにして、日持ちを向上させる収穫後の管理体系を構築する。 1.収穫後の水道水による水揚げは、前処理効果を低くする。(成果情報 671)。 2.前処理および湿式輸送時の温度は、15℃以下で 20℃、25℃に比べて日持ちが長い。 (成果情報 672)。 3.前処理剤は、高温期の収穫では STS と糖が主成分の水揚げ剤、低温期の収穫では STS が主成分の水揚げ剤で日持ち向上の効果が高い(成果情報 673)。 4.湿式輸送では、前処理に STS が主成分の水揚げ剤、輸送時の水揚げに栄養補給剤を用 いると日持ち向上効果が高い(成果情報 673)。 5.生け花時後は、栄養補給剤の使用で 2 週間の日持ちが確保される(表1、図1)。 以上のことにより、トルコギキョウ切り花の日持ちは、①収穫直後の水揚げを STS が 主成分の前処理剤(例:クリザール K20-C)で行い、②調整後の前処理を乾式輸送の夏秋出 しでは STS と糖類が主成分の前処理剤(例:クリザールユーストマ)、湿式輸送の冬春出しでは STS が主成分の前処理剤を 15℃以下で使用し、③湿式輸送中の水揚げに栄養補給剤(例: クリザールプロッフェショナル 2)を用いると向上する。さらに実需者が栄養補給剤で後処理を行うと 2 週間の日持ちが可能である(図2)。 1.日持ち試験(生け花)は、25℃設定、日長 1,000Lux×12 時間照明の恒温室内で、生 け水に水道水を用い毎日交換した。 2.試験で利用した前処理剤 クリザール K-20C:主成分がチオ硫酸銀の生産者用切り花鮮度保持剤 クリザールユーストマ:主成分がチオ硫酸銀、糖類、抗菌剤の生産者用切り花鮮度保持剤 クリザールバケット:生産者用の栄養剤を含まない湿式輸送時生け花用 クリザールプロフェッショナル 2:一般業務・輸送用(遅咲き用)の水揚げ促進・栄養補給剤 No. 680(平成27年5月) 分類コード 02-05 熊本県農林水産部 研究のねらい 研 究 の 成 果 普及上の留意点 [具体的データ] 熊本県農林水産部 注1)表1の産地A、生け花5日後(市場到着5日後) 図1 後処理の有無が日持ちに及ぼす影響 後処理なし 後処理あり 表1 後処理剤の有無が日持ちに及ぼす影響 後処理の有無 日持ち日数 なし 7.0日 あり 14.0日 なし 7.4日 あり 15.0日 注1)試験概要 後処理剤:クリザールプロフェッショナル2 注2)日持ち日数:半数以上の小花が萎れか著しい退色を起こすか 花首が折れて鋭角になり観賞価値を失うまでの日数 産地A 産地B 産地A:品種「コレゾローサ」(八重咲・中晩生品種)、トラック輸送 収穫日11/16、出荷日11/17、試験開始日11/19 産地B:品種「コレゾライトピンク」(八重咲・中晩生品種)、トラック輸送 収穫日10/21、出荷日10/22、試験開始日10/24 日持ち調査:実施機関 大田花き 環境 温度25℃、湿度60%、日長1,000Lux×12時間 準高冷地域 水揚げ 前処理 輸送 後処理 夏秋出し 収穫 調整 出荷 販売 (乾式輸送) 平坦・島嶼地域 水揚げ 前処理 輸送 後処理 冬春出し 収穫 調整 出荷 販売 (湿式輸送) 5~15℃ 5~15℃ ※水揚げは、花シミ発生抑制のため20℃より低い温度が望ましい STS・糖・抗菌剤 を含む液剤 STS主成分 液剤 栄養補給剤 STS主成分 液剤 STS主成分 液剤 栄養補給剤 栄養補給剤 図2 トルコギキョウ切り花の収穫後管理体系モデル 注1)生け花11日後 図3 前処理と輸送時の水揚げ剤が切り花の日持ちに及ぼす影響 前処理:水道水 輸 送:クリザールバケット 前処理:クリザールK-20C 輸 送:クリザールプロッフェショナル2

0 件のコメント:

コメントを投稿