2017年8月27日日曜日

クリザール バラ

クリザール バラ

切り花の導管閉塞を防ぎ、水揚げを促進します。バクテリアの増殖を防ぎ、生け水を清潔に保ちます。500倍希釈が標準です。バラ、キク、アスター、ソリダゴ、ビバーナム、マーガレット、ユーカリなどに効果があります。


クリザール エリート小袋・液体(バラ用)

ご家庭用の切り花栄養剤です。切り花を美しく咲かせ、日持ちを長くします。水揚げを促進し十分な栄養を与え、花器の生け水を清潔に保ちます。花器の生け水に薄めてご使用ください。 特にバラへの効果が高い鮮度保持剤です。


 バラを長く楽しむために
バラは出来る限り早く水にいけましょう。
 長時間経った場合は水切りを行い、2~3時間水揚げをしてください。
花器はきれいに洗いましょう
バラの葉は水につかる部分は取り除き、切り口は鋭利な刃物で斜めに切っていけましょう。
「切り花栄養剤」を溶かした水にいけましょう。
直射日光やエアコンの風が当たらない所にいけましょう。
3日に一度くらい、切り口を2センチほど切り戻しましょう
 それでも花首が垂れる様なら、新聞紙などに包んで深水の中で水切りをし、そのまま一晩くらい水揚げをしてください。
バラがしおれたり、花首が垂れてしまい、咲ききらないのはなぜですか?
 花瓶の中でバクテリアが繁殖すると、そのバクテリアが茎の中に入り込んで導管を詰まらせ、水が吸えなくなってしまいます。
 また、空気が導管をふさぐ事もあります、そうなると、切り花は当然のことながら、茎から水分や栄養を吸えません。
 そのため、栄養不足で咲ききる力が不足してしまうのです。
 咲ききる力は、収穫後時間と共に弱くなるので、古い切り花ほど花首垂れを起こしやすくなします。
 
切り花栄養剤とは
切り花長持ち剤、フラワーフード、鮮度保持剤等、いろいろな呼び方があります。
水中のバクテリアの繁殖を抑え、切り花に栄養を与える成分が含まれています。
花瓶の水に溶かすだけで、水揚げを良くし花首垂れを防いで、咲ききるまでバラの花を美しく保ちます。
花びらや葉のツヤを保つ働きもあります。
*水替えは不要です、バラが水を吸って減ってきたら、切り花栄養剤を溶かした水を補給してください。
市販されている一例として
美咲大塚化学株式会社
クリザールクリザール・ジャパン株式会社
エバーローズパレス科学株式会社
順不同
切り花栄養剤の使い方
切り花栄養剤の取り扱い説明に沿ってバラをいける水を作ります。
茎を水中に浸し切り口が斜めになるように切ります。
切り花栄養剤を溶かした水に切り花をいけます。



切花を長持ちさせるには?

切花を長持ちさせるには?
切花を長持ちさせる方法、どの方法が一番良いのでしょうか?
切花を長持ちさせるためには、「水の中に十円玉を入れると良い」とか、「サイダーを入れると良い」など、様々な方法が言われていますね。また、最近では、お花を買うと、延命剤という、お花を長持ちさせる液体を、サービスで付けてくれるお店も増えてきました。では、本当は、どの方法が一番良いのでしょうか?

切花が傷む主な原因として、水の中にバクテリアが発生して、そのバクテリアが切り口に繁殖するため、水の吸い上げが悪くなってしまうことがあげられます。お花屋さんでは、基本的に、

・花を活ける器を清潔にする
・毎日、水を取り替える
・水を変える際に、茎を少し切り直す

という作業を行っています。

私も、この方法を守ることが一番良いと思っていて、切花の延命剤などは、ほとんど使ったことがありませんでした。

そこで、同じ条件で実験をして、どの方法が一番良いのか、比較してみようと思います。


実験開始!


クリザールと重曹
 
実験をするにあたって、3タイプの水を用意しました。

まず、私がいつもやっている方法。普通の水道水に活け、毎日水を取り替えて、その際に、茎の切り口を切り直し、花を活けているグラスも洗います。次に用意したのは、最近注目されている重曹。本によると、水の成分が変化するためか、切花の持ちが良くなる効果があるということなので、試してみることにしました。そして、切花の延命剤。今回は、クリザールという材料を使用します。これは、ホームセンターや、お花屋さんなどで、一般的に売られています。

実験開始
 
●1日目 実験開始
左から
A.普通の水
B.水1カップ+重曹小さじ1/2
C.水1カップ+クリザール4cc

重曹水が濁りはじめて・・・
 
●3日目  重曹水が濁りはじめて・・・
B(重曹水)は、少し濁りはじめて、花びらが変な風に開き始めました。
A(普通の水)は、毎日、水を取り替えています。C(延命剤)より、花が硬くしまっていて、長持ちしそうな気がします。

重曹水のバラが・・・
 
●5日目  重曹水のバラが・・・
B(重曹水)のバラが、とうとうダメになってしまいました。花がしおれて、カサカサになってしまっています。A(普通の水)のバラとC(延命剤)のバラを比べると、花びらの開き方に差があり、Aは、芯がまだ固く、外側が開いている感じ。Cは、芯も外側もバランスよく開いている感じがします。

普通の水のバラもついに・・・
 
●7日目  普通の水のバラもついに・・・
A(普通の水)のバラが、開ききらないうちにダメになってしまいました。この方法を信じていたのですが・・・C(延命剤)のバラは、あと、2~3日は持ちそうです。B(重曹水)は、アイビーもダメになってしまっていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿